top

妊娠前の葉酸摂取について

葉酸いつからいつまでの摂取が必要なのか

葉酸の摂取が勧められているのは、妊娠前から妊娠初期の女性であるという考えが広まっています。しかし、葉酸は産後や授乳期にもとても大切な役割を持っています。具体的にいつからいつまで積極的な摂取が必要なのでしょうか。

結論から言うと、妊娠前1か月くらいから卒乳までの期間は普段の食事からの摂取に加え、サプリメントでの補助摂取が必要です。というのは、この期間は赤ちゃんの成長とママの体調回復の期間で、いつも以上に葉酸の力が必要な期間だからです。それ以降は、葉酸という栄養は必要ですが、普段の食事からでも摂取できる栄養なので、食事からの摂取のみでも大丈夫です。水溶性ビタミンなので、調理中に栄養が失われやすいですが、毎日の食事で葉酸が摂取できるような献立にすれば、サプリメントでの補助摂取の必要はありません。補助摂取はあくまでも「補助的な位置」なので、メインは食事からの摂取が望ましいと言われています。必要以上に摂取してしまうと、今度は「過剰摂取」になってしまい、体調を崩してしまうこともあります。サプリメントなどでの補助摂取は、妊娠1か月前から卒乳までの期間で十分なのです。

それ以降の期間で、次の妊娠の計画がまだ先であれば、普段の食事から葉酸摂取ができるようにしておきましょう。葉酸は水溶性という特質をもっているため、様々な調理中でその栄養が失われます。さらに、体内に吸収される量もわずかで、残りは排出されてしまいます。そのため1日3食の中で、できれば毎食葉酸を摂取できる食材を使って継続的に摂取することが大切です。

サプリメントは、それ単体では1日の摂取量を超えることはありません。毎日の食事と併用や用法を守らずに服用した場合には、過剰摂取になる場合もあります。葉酸は日々の体調を整えることや美容にも役立つ大切な栄養です。産後や授乳期以外にもサプリメントでの補助摂取をする場合には、必ず用法を守って飲むようにすると過剰摂取を避けることができます。