top

妊娠前の葉酸摂取について

授乳期にも摂取したい葉酸

葉酸は妊娠前・妊娠初期に必要な栄養と考えられていますが、産後や授乳期にもとても大切な栄養なのです。赤ちゃんが母乳の飲むということは、ママにとっても赤ちゃんにとってもメリットの多いことです。できれば母乳で育てたいと考えるママも多くなっています。

葉酸の作用には、細胞分裂促進・造血作用・血行促進作用などがあります。その中でも授乳期にとても大きな役割をしてくれるのが造血作用と血行促進作用です。母乳は血液から作られています。出産が近くなったり、産後すぐには「母乳マッサージ」という言葉をかけられることもあります。これは、母乳を生成する乳房をマッサージして血行を良くすることで、母乳の出をよくする効果があります。血液循環が良くなると母乳の生成も促進され、たくさん出るようになるのです。

しかし、産後や授乳期はホルモンバランスの乱れから、貧血や体の冷えなど体の不調を感じることも多くなります。そこで役立つのが葉酸です。葉酸には、造血作用、血行促進作用があるため貧血を予防し、血行をよくしてくれるので体の冷えも改善されます。さらに、造血ということは母乳の生成も助けてくれる働きがあるため、母乳の量が増えるため、赤ちゃんの成長にも良い働きをしてくれるのです。

授乳によってママから赤ちゃんへ栄養を与えることになりますが、ママ自身は自分で栄養補給をしていく必要があります。産後の特に授乳期には、ママ自身の栄養不足という大きな問題も出てきます。慣れない育児や睡眠不足も相まって、普段の生活ができない・食事もままならない日が続くこともあります。そうすると、産後の体の回復も大幅に遅くなり余計に体の負担が増えることになってしまうのです。こうした悪循環から早く脱出するためにも、葉酸を積極的にとり、細胞分裂を活発化・血行を促進することで産後の体調の戻りをサポートしましょう。食事での葉酸摂取が難しければ、サプリメントでの摂取を続けることで、妊娠期から授乳期に葉酸不足になることを予防できます。葉酸は、胎児の成長・生まれた赤ちゃんの成長・ママの体調管理にとても大切な栄養なのです。