top

妊娠前の葉酸摂取について

葉酸の過剰摂取について

妊婦さんに葉酸が大切なのは周知の事実です。厚生労働省も妊婦は積極的に摂取を進めている栄養の一つです。しかし、それと同じくらいに覚えておかねばならないのが、過剰摂取による副作用についてです。妊娠と密接な関係のある葉酸ですが、多く摂れば良いというわけではありません。葉酸は1日の上限量が決まっており、1000μgとされています。それ以上を摂取すると葉酸過敏症を起こす可能性があるのです。

葉酸過敏症の症状は、発熱や蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害などがあり決して楽観視できないものです。また、ビタミンB12の欠乏を隠してしまうので、悪性貧血が潜在化する恐れや薬の効果や効能を低減させる恐れもあります。妊娠中でも何らかの薬を飲むことがあります。しかし、葉酸を過剰摂取している状態では、病気を治すための薬の効果が十分には発揮されないということになってしまうのです。赤ちゃんにも悪影響が及びます。過剰摂取により小児ぜんそくになるリスクが高くなるという研究結果もあります。

適度な量の葉酸は必要なものですが、過剰摂取は母体にも赤ちゃんにも悪影響となるため、毎日の摂取量を守ることが大切です。

食材に含まれる葉酸の量はさほど多くはありません。さらに葉酸は、水溶性ビタミンなので調理中に失われることも多くあります。それ故に、毎日の普通の食事であれば過剰摂取になるということはほとんどないと言えるでしょう。注意が必要なのは、通常の食事以外で摂取するサプリメントの使用です。厚生労働省でもサプリメントでの葉酸摂取を勧めていますが、多く飲めば良いというものではありません。必ず1日の摂取量を守って飲むことが大切なのです。

妊婦さんが摂取する葉酸量は、普段の食事だけではとても足りません。サプリメントで追加摂取することが必要な栄養ですが、過剰摂取のリスクについても覚えておき、適切な用法で使うようにすることが重要です。サプリメントはあくまでも補助的なものであることを忘れないようにしましょう。