top

妊娠前の葉酸摂取について

葉酸とは何か

葉酸は水溶性のビタミンに分類されます。ほうれん草などの緑野菜に多く含まれる栄養素のため「葉酸」という名前になっています。

この栄養素は代謝との関わりが深く、細胞の生産や再生を助けてくれる成分で、体の発育を促す成分です。そのため、妊娠期や妊娠を希望する女性の摂取が勧められている栄養素です。細胞分裂に不可欠な栄養なので、体のリズムを整えてくれます。妊娠期だけではなく毎日の生活にもとても大切な栄養と言えるでしょう。

葉酸は他のビタミン、ビタミンB12と協力して、血液を作る働きもあります。そのため葉酸が欠乏すると、ビタミンB12不足の際と同様に悪性の貧血になることもあります。

葉酸は水溶性ビタミンに分類されているため、体の中には蓄積されにくいという特質があります。そのため、毎日の食事から摂取することが必要です。葉酸を多く含んでいる食品には、レバーやほうれん草、ブロッコリーなどがあります。しかし、食品に含まれている葉酸は熱に弱く、保存や調理で栄養が失われてしまいます。食事だけでは摂取しきれない分を、サプリメントなどで補う必要のある栄養素です。